とりあえず黒ずみケア商品を探してみる

1.気になる黒ずみの箇所は?? : 
 デリケートゾーン
  
 乳首
  
 脇(ワキ)
  
 お尻
  
 足

 

2.定期コースの価格(税抜)は?? : 
 千円以内
  
 千円〜2千円
  
 2千円〜3千円
  
 3千円〜4千円
  
 4千円〜5千円
  
 5千円〜6千円
  

 

3.商品の仕様は?? : 
 ハンドチューブ
  
 ハンドボトル
  
 プッシュポンプ
  
 石鹸(セッケン)

 

ここを押して続きを見る

 

でも、本命は実はこちらなのです↓

 

 

・目次

あそこが黒いと自分で分かった時は正直ショック!!

あそこが黒いって自分で分かった時には正直びっくりするものです。普段から下着の中に隠され、見えにくい部分でもあるため、なかなか気付かない人も多いですが、あそこが黒いって自分で分かった時には正直びっくりするもので、認めたくない気持ちになる人も少なくありませんし、仕方ないと言えます。

気付いたあとはコンプレックスを感じるようになり、ビキニのような露出の高い水着を避けたり、周囲に人がいるところでの着替えをためらうようになる人もありますが、放置していても綺麗な肌には戻らないという思い現実が一方でのしかかってきます。

 

その一例として、彼氏と旅行なんて怖くて行けなくなる方もいます。あそこが黒いと分かった瞬間に、恋人がいる女性が最初に考えるのは、彼氏にバレたらどうしようということでしょう(あそこだけ日焼けしちゃったなどという言い訳はさすがに通用しませんし)。
実際はそうではないにもかかわらず、あそこが黒い女は遊んでいると思われ、嫌われそうで恐いし、そのせいでエッチできなくなったらどうしようと考え、彼氏との旅行をためらってしまう方もいます。
優しい男性なら、わざわざ口には出さないかも知れませんが、黒いあそこを見られたら、心の中でドン引きされる可能性があるので、それだけは避けたい、やっぱり彼氏と旅行になんて行けないと思うのが自然な心の流れになると言えます。

 

それでも結局彼氏にバレるのは時間の問題になります。
あそこが黒いのがバレなければ嫌われないので、見られる前に、ちょっと待ってと言って止めればなんとかなると思っている女性もいますが、その方法をいつまでも続けるのは難しいでしょう。エッチのときは必ず電気を消すなどの方法もありますが、これも長い年月は続けられないので、結局彼氏にバレるのは時間の問題になります。
もちろん、あそこが黒い女は遊んでいるというのはでたらめな話ですが、無意識にでもそのように感じてしまう人もいるので、彼氏が出来たのであればなおさらあそこの色の状態をしっかりと確認しておき、もし黒ければ彼氏に別れを告げらてしまう前に何らか対策するようにしましょう。

 

あそこが黒いと遊んでるって思われるの??

男性はあそこの色に敏感なもので、彼氏も例外ではありません。世間一般の考え方として「あそこが黒い女性は遊んでる」というイメージがあるのですが、これは特に男性に多い考え方や隠れた心理のひとつとして言われている通説です(個人的には「アレ(ペ●ス)の小さい男性はひ弱で性格もおとなしい」というイメージにと近いかなっと感じます)。実際には都市伝説の類であって決してそういうことはないのですが、傾向として男性はあそこの色に敏感である人が多く、年齢が上がるにつれてそのよう考えを持っている人の割合は増えてきていると言われています。

もちろん中にはそこまで気にしないという人や俗説を信じていない人も多いのですが、やはり黒ずんでいるという事に関しては気になっているという人も多いようです。彼氏はそんな事を考えていない、と思っている人も多いですが彼氏も決して例外ではなく、口に出さないだけで実は遊んでる、もしくは高校生(学生)くらいの若い「女の子」的な時期から遊んできた経験が豊富だったのではないか?と気にしてしまう人は多いと考える必要があります。

 

あそこが黒いことで心の中で疑ってしまうこともあるかもしれません。そもそも何故あそこが黒いと遊んでると言われているのかというと、摩擦や刺激によってダメージを受けることによって肌が黒ずんでしまうということからセックスのヤリ過ぎから生じる摩擦で黒ずんでしまっているのではないかという考えが根強い事にあります。
そのためにあそこが黒くなっている事によって彼氏が浮気などを心の中で疑ってしまう可能性がありますし、最悪の場合は直接的ではないにせよきっかけになることで別れを切り出されるなどのピンチに追い込まれてしまうと言う場合もあるのです。
そのような男性ばかりではないものの、やはり黒ずんでいるという事によってあらぬ誤解や疑いを掛けられてしまう可能性は否めませんし、遊んでると勘違いされてしまうというのはやはり気持ちの良いものではないというのが当然の考えです。

 

表には出さなくても誰だってキレイな方がいいのは当然と言えます。女性の中にはあそこが元から黒いという事にコンプレックスを感じている人も少なくありませんし、元々だから仕方ないと諦めているという人も多いです。
ですが男性の本音としてはやはりあそこが黒いよりも綺麗な方が当然性欲を掻きたてられるという意味でも当然ですし、例えるならグロいラフレシアを触るよりもキレイで清純なチューリップを触りたいと思うのが当然の考えです。それは男性だけではなく女性でも同じ事であり、キレイなあそこである方がコンプレックスもなくなって自身の魅力もアップすることで気軽に彼氏に対して見せる事ができます。
だからこそ遊んでいるという俗説を突き立てられたりコンプレックスに悩んでしまうよりも、男性にとっても女性にとってもあそこが綺麗である方がいいというのはアンケートを取るまでもなく当然の考えだと言えます。

 

Hの時の彼氏の反応で分かることも??

初めてのHであそこが黒いとが分バレてしまった時に彼氏が思うことは、疑いの芽という疑心感と言えます。女性の中には、あそこが黒くなっている事に自分自身気づいていない人も数多くいます。

ただ、本人は気づいていなくても、彼氏とHをする事になれば、彼氏はあそこを目にする事になり、その色に気づく事になります。あそこを見た時に、積極的になれずにためらっているように見えたり、ぎこちない態度になった場合、あそこの色が原因になっている可能性があります。
男性の場合、乳首ではピンとこなくてもあそこの色が黒いと、遊んでいるのではないかという印象を持ってしまう人もいれば、それだけで気持ちが萎えてしまう人もいます。そして、今後のHや付き合いは遠慮したいと考える原因となる事もあります。

 

そして、やはりためらわれてしまうとどうしても伝わってきますし、それが「自分のあそこが黒いから」だと自分で気づいていない場合は理由が分からないため余計困惑してしまいます。もし自分自身があそこの色が黒いという事を自覚していれば、彼氏があそこを見た時に気まずそうな顔をしていたり、テンションが冷めたり下がっていたりしても、その原因を察する事が出来ます。
ですが、気づいていなければ、彼氏が困惑している原因が分からず、お互いが気まずい状態になってしまう事があります。そうなると、その場の雰囲気がぎこちなくなってしまうだけでなく、その後の関係までぎこちなくなってしまうという可能性があります。原因があそこの色であるという事に気がつく事が出来れば対策も可能ですが、気づかなければ、原因がわからないまま別れてしまう可能性も出てきます。更に、その後、新しい彼氏が出来てもまた同じ状態を繰り返す可能性もあります。

 

後から言ってくれる彼氏と言ってくれない彼氏とでは、どちらが優しいのでしょうか??あそこの色が黒いと指摘をされ、黒ずみを改善してほしいと言われると、あるいは直接は言わなくてもそのように聞こえると女性はショックを受ける事になります。
ただ、彼氏が逆にショックを受けないようにと遠慮して何も言わなければ、女性はいつまでもその色に気が付かず、同じ状態を繰り返す事になってしまいます。それを考えると、一時的にショックを受ける事になっても、言ってくれる彼氏の方が優しいという事になります。この時、改善してくれると嬉しいと伝えておけば、女性はそこから出来る対策を始める事が出来るようになります。
現在は、市販のデリケートゾーン用美白石鹸やジェルに加えてあそこの黒ずみケア用のクリーム等も販売されています。ですから、現在は黒い状態であっても、対策やケアを始める事でその色の状態を改善して少しずつ白くて透明感のあるピュアスキン的な肌をよみがえらせることは十分に可能です。その為には、黒いという事を自覚し、即座に行動に移して誰に見られても恥ずかしくない、ピンク色に戻すように変えていきましょう。

 

そもそも、なんであそこって黒くなるの??

当たり前ですが、遊んでることだけがあそこが黒くなる原因ではありません。ちゃんと科学的に解明されていますし根拠もあります。確かに女性のあそこが黒くなっている状態を見て、男性たちは思い込みで、遊んでいるせいで黒くなっていると考えてしまいます。しかし黒くなっているのは遊んでいるのではなくその他にも違いや理由がありますし、あなたは何も悪くないはずなので、堂々としていることが大切です。

ただ男性にとってはあそこが黒いことについてはあまり良い印象がなく、それが原因で触りたくないということや極端ですが別れを選ぶという人も中にはいます。黒くなっている理由には様々ありますが、日本人を含む東洋人は比較的あそこが黒いと言う傾向があるので、黒ずみに悩んでいるのはあなただけではありません。生まれつき黒ずんでいることもよくあります

 

そもそも逆に、「遊んでいる」とあそこが黒くなるのは本当なの??それなら何で黒くなるのでしょうか??男性は、あそこが黒ずんでいるのは遊んでいる証拠だと思いがちですが、実はそれは本当であり間違っている部分もあります。
なぜならあそこを何回も擦れさせることによって、皮膚が刺激を受けるので、刺激から守ろうとして色素が黒くなり黒ずみになることにつながるからです。そのため遊んでいる女性の中には黒ずんでいる人もいますが、そうでは無いのに黒ずんでいる女性もいます。特にあそこの表面の外陰部や粘膜は薄いので、他の皮膚表面よりも少しの刺激でダメージを受けやすく黒ずみやすい傾向にあります。
実は擦れるだけで皮膚は刺激を受けて黒くなるのです。衣類の中の肌着・下着やストッキングなどの締め付けによっても黒くなることがあるからです。皮膚を厚くしようと自然と体が作用するので、それが黒ずみにつながります。

 

それでは何で擦れる回数が増えるほど黒くなるのでしょうか??あそこが擦れる回数が増えるほど大陰唇や小陰唇と称されるビラびら等の黒ずみがひどくなる理由は、刺激を受ければ受けるほど表皮の外部からの攻撃を避けようとしてメラニン色素を発生させるからです。
メラニン色素は黒ずみの原因となる物質ですから、刺激が増えることによってより黒くなってしまいます。またあそこの皮膚は繊細なので、ちょっとした刺激でも黒くなってしまうことがあります。さらに新陳代謝が正常に行われない場合は、古い皮膚が剥がれ落ちずにとどまったままになってしまいます。古い皮膚が剥がれ落ちない場合は、肌の深部にとどまっている黒い色素が貯まってしまうことになります。

 

あそこが黒くなる原因は「メラニン色素」が原因だった!?

繰り返しになりますが、あそこが黒くなるのは「メラニン色素」が作られることによって起こります。メラニン色素は間違いなく原因の一つと言っても良いでしょう。シミは紫外線にあたることでメラニンが原因でできてしまうことは知られていますが、シミの元々の原因であるメラニンは、皮膚の奥にあるメラノサイトというメラニンを作り出す細胞があり、メラノサイトに紫外線や摩擦などの刺激が伝わることで活動が活発化し、皮膚を守るためにメラニン色素が作り出されます。

あそこはスカートなど衣類で太陽が当たってなく紫外線の影響もないような部分でもあそこが黒ずむことが不思議に思うことも少なくありませんが、あそこがシミや黒ずむのは紫外線の影響だけではないのです。

 

さらにあそこでメラニン色素が作られる原因を調べてみると、たくさんの原因が挙げられます。主に体の外側からの刺激と体の内側からの影響の二つに分けられます。

 

<1.体の外側からの刺激>

  • 太陽光や紫外線による刺激
  • 補正下着、きつい下着やストッキングなどの締め付けによる摩擦
  • ナプキンやおりものシートによる蒸れや摩擦
  • 加齢により下がった贅肉との摩擦
  • 長時間座ることによる圧力や圧迫
  • ボディソープや洗い方による強い刺激
  • 毛抜きやカミソリによる自己処理(セルフケア)
  • 美容サロンの光脱毛による乾燥
  • クリニック(病院)による医療レーザー脱毛による炎症

 

<2.体の内側からの影響>

  • 年齢
  • 不規則な生活やストレス
  • 食生活(栄養バランス)の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • ターンオーバーの乱れ

 

などなど、こんなにも原因が挙げられます。
つまり、外側からのあそこへの刺激とは単に太陽光や紫外線だけでなく他にもたくさん存在します。

一例:セクシーなTバックの下着

確かに黒ずみの原因となるメラノサイトは、太陽光や紫外線により作り出されますが、これら以外にも摩擦や刺激がメラノサイトが作り出される原因となります。紫外線が届くことが考えられないあそこへの刺激は、ナプキンやおりものシート、下着やストッキングなどの締め付けによる摩擦が考えられます。サイズや形状が合わない下着や、締め付けが強いストッキングなどを着用することによって、皮膚が負担をかけられ刺激から守ろうとする働きによってメラノサイトが生まれます。
また、加齢により贅肉が下がってくると下がった贅肉の摩擦で皮膚が黒ずむこともあります。生理中のナプキンをまめに交換しない場合などは、あそこが蒸れて刺激となる場合があります。あそこが何かと擦れることだけが黒ずむ原因ではなく、蒸れることも刺激となりあそこが黒ずむ原因となります。蒸れると当然汗や皮脂が出て下着に汚れが付着して雑菌が繁殖しやすい不衛生な状態になり、炎症によってさらに黒ずむという連鎖も作ります。

 

当然あそこへの長時間の圧力や圧迫も立派な刺激になり、あそこが黒ずむ原因になります。
日常生活での圧力とは、座りっぱなしの生活や、スタイルの強調のための補正下着、小さめのセクシーな下着でのVライン(ビキニライン)の圧力などは、股関節やVラインに圧迫をしています。長時間座っている生活は圧力がかかりあそこが黒ずむ原因にもなり、セクシーな下着も小さいためVラインを圧迫してない印象がありますが、実はあそこの黒ずみには逆効果で小さくてきつい下着は股関節に負担をかけてあそこが黒ずむ原因になるのです。
また、体のラインを保つために着用する補正下着は、長時間座って生活する場合には不向きのもので、この場合もVライン(ビキニライン)が食い込んで黒ずみが悪化することにつながります。

 

キレイになるための努力もあそこには逆効果!?

立場的には「なんで!?」という感想を抱く方もいると思いますが、キレイになるための自己流のお手入れが逆にあそこを黒くすることもあります。

市販の大量生産されるボディソープは洗浄成分としても刺激が強く、デリケートな皮膚には刺激となることで肌には良いとは言えませんし、指や手に緒殻を入れて強くごしごしと洗ってしまうと圧力と摩擦によってなおさら逆効果と言えます。
毛抜きであそこのムダ毛(陰毛)を抜いたりカミソリでのシェービングも、皮膚の色素沈着を起こす引き金になります。全身の中でもトップクラスで皮膚が薄くて、敏感に刺激を感じやすい箇所であるため、意識せずとも些細な刺激にも弱いのです。それがムダ毛の処理をするために、シェービングの刃を当てることで、皮膚には傷をたくさん付けることになり、皮膚は炎症を起こします。加えて、炎症を起こしたあそこの皮膚は極端にかゆみを引き起し、我慢できなくなって掻いてしまうことでさらに傷と炎症を増やすという負のスパイラルを作ります。このようなことを繰り返すことで慢性的な円用となり、色素沈着をして皮膚は黒くなり、明るさを失いやすいです。

 

こんな感じの脱毛器にはご用心

また、サロンでの「美容光脱毛」にも注意する必要があります。
脱毛サロンでの美容脱毛は、アンダーヘア-のムダ毛を処理したり形を整えたりするには最適ですが、注意をするべきポイントでもあります。エステサロンでの脱毛は、フラッシュという光を採用しています。一瞬の高い熱変換が起こりますので、肌の内部には熱がこもります。光脱毛照射は皮膚を乾燥させますし、ケア不足は皮膚に黒ずみを生じさせる要因になります。
特にVIOパーツは皮膚が薄く、日頃から皮膚の乾きやすい特徴があるので、いくら興味本位と言えども光脱毛をするのであれば、脱毛施術後のデリケートゾーンへの保湿ケアは欠かせません。せっかくアンダーヘアをすっきりさせて形をかわいくキレイに整えても、よりあそこが黒ずんで目立つようになっては本末転倒の台無しになってしまいますので。

 

当然、美容クリニックや病院での医療レーザー脱毛も気を付ける必要があります。
美容クリニック(病院)では医療レーザー脱毛でのお手入れができますが、医療レーザー脱毛も注意をする必要はあります。
エステサロンの光脱毛よりも医療脱毛の方が、照射可能な出力レベルが高いため、脱毛効果が高い反面で、あそこなどは特に施術時の痛みも感じやすいです。恥ずかしいからといって、痛みを我慢して照射を受けると当然黒ずみになりやすいですし、他に火傷になるなど思わぬハプニングも考えられます。
痛みが強い時には遠慮せずにスタッフに伝えて出力を下げてもらうなど、対処をしてもらうことです。医療機関になりますので、軟膏など必要な医薬品の処方もあります。

 

生活習慣や年齢が意外とあそこの黒ずみにも影響する!?

あそこの表面もニキビと同じく肌の一部なので、当然摩擦や刺激以外にも年齢や生活習慣の影響によって黒ずむこともあります。また、睡眠不足などの不規則な生活やストレスによってもホルモンバランスを崩すこともよくあります。

ホルモンバランスを崩したり、年齢を重ねることで肌の生まれ変わるターンオーバーのサイクルが乱れてしまい、古い角質が排出されなくなりあそこの表面も肌の一部であるため、肌のターンオーバーが乱れることはあそこが黒ずむ原因にもなるのです。
食生活の乱れは緑黄色野菜を摂る機会も少なくなります。食べ物の中でも特に緑黄色野菜には黒ずみやしみなどの原因となるメラニン色素が増えることを抑制するビタミンCやビタミンEが豊富に含まれており、食事でこれらの栄養が摂れない場合、あそこが黒ずむ原因になります。

 

大事なのは全てバランス

女性ホルモンのバランスが乱れる事もあそこの黒ずみにつながります。女性ホルモンにはエストロゲンの他に黄体ホルモンがあり、このホルモンが肌の黒ずみにも影響しています。ホルモンが乱れるとこの黄体ホルモンが分泌されやすくなり、体内でメラニン色素を作り出すメラノサイトを刺激して、シミやあそこの黒ずみとなってしまいます。

 

ホルモンバランスが崩れる要因になるのは、生活習慣が乱れたり、運動不足であったり過剰なストレス、妊娠中、更年期が考えられます。生活習慣の乱れや運動不足、ストレスなどは女性のホルモンバランスに影響し、それはあそこの黒ずみにまで影響を与えることになるのです。また、生理の影響も受けやすく、生理前後などホルモンバランスが崩れるときには大事なところを守るために自然と色素が濃くなることがあります。

 

結果として、ターンオーバーも乱れてしまいます。生活習慣やストレスなどが影響して女性ホルモンが乱れしまい、女性ホルモンのみだれは肌のターンオーバーに影響してあそこの黒ずみの原因となります。
ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことで、基本的に肌は28周期でターンオーバーを繰り返して新しい肌に生まれ変わります。この肌のターンオーバーが乱れてしまうと肌の生まれ変わりも上手くできずに肌にトラブルが発生します。ターンオーバーには早い場合と遅い場合があります。
刺激に弱くなるのは早い場合で、肌がごわつくなどの場合は遅れている場合です。どちらも良いものではなく、正常にターンオーバーが働くことが肌の新陳代謝には大切なことで、正常ではないとあそこも黒ずんでしまうのです。不規則な生活やストレスは結果としてターンオーバーを乱すことにつながるのです。

 

あそこが黒いのは改善できるの??どうやって改善すればいいの??

あそこが黒くなる原因を取り除くあるいは改善すればきちんとケアできます。つまり、

外側からのあそこへの刺激を与えないもしくは与えた後には必ずケアをする、そして体の内側からの影響を極力失くすよう生活習慣の改善をすることによって肌は回復をしていきます。順に対策を挙げていくと

 

<<1.体の外側からの刺激を与えない>>

  • 太陽光や紫外線の対策を行う
  • 擦れなくて緩い下着やショーツを着用する
  • おりものシートやナプキンをこまめに交換する
  • 長時間座ったり無理な体勢を続けない
  • 刺激の少ないボディソープに変えて、優しく洗う
  • 毛抜きやカミソリで自己処理をしない
  • 美容脱毛後は十分に保湿ケアを行う
  • 医療レーザー脱毛後は医薬品や処方薬を必要量や期間を守りながら正しく使う

 

<<2.体の内側からの影響を極力失くす>>

  • 規則正しい生活を行う
  • 栄養バランスの取れた食事を行う
  • 十分な運動を行う
  • 十分な睡眠を取る
  • ストレスを貯めない生活を行う

 

などが挙げられます。

あそこを圧迫せず風通しをよくすること

まずは、紫外線対策は当然として、肌に刺激を与えないようにするため擦れなくて緩い下着やショーツを着用することでデリケートゾーンを締め付けから開放してあげることが重要です。長時間座る場合でも1、2時間に1回は立ったり体勢を変えたりして風通しを良くすることも忘れてはいけません。また、生理以外でもおりものシートもまめに交換することが大切です。
また、いっそのこと下着やショーツも含めて通気性がよく汗でむれることもない綿や麻等の天然素材でできた布タイプに変えるよう検討してみることもおすすめします。布タイプには生理痛の改善の効果も期待できるので一層おすすめになります。

あそこは優しく刺激なく洗うこと

洗う時には汚れを優しく落とすことは必要なので、弱酸性に代表される刺激の少ないボディソープで洗うことです。一般的な市販のボディソープは、刺激が強いので皮膚を乾きやすくさせます。低刺激のボディソープは潤いを残し、不要な角質を落としやすいです。加えて泡と指先で爪をひっかけないように注意しながら優しくなでるように洗えば圧力と摩擦が少なくすむためなお効果的です。

あそこの脱毛後はきちんと保湿のお手入れを

脱毛サロンでの美容光脱毛直後ではシャワータイムやバスタイム後に肌が清潔な状態になったら、デリケートゾーン用のスキンケアコスメで十分な保湿ケアを行います。顔用やボディ用でも構いませんが、普段から乾きやすく敏感なパーツなので、適当な化粧水やクリームではなく専用コスメを使用すると安心です。また、美容脱毛直後でなくても普段から乾燥防止のための美容液等で保湿ケアを行っておくと黒ずみ予防にもなって効果的です。
医療レーザー脱毛後に美容クリニックで出された医薬品や処方薬は、必要量や期間を守り、正しく使うことが重要です。医療脱毛後も皮膚やあそこは乾きますので、自宅での保湿も含めたスキンケアを美容脱毛後と同様に欠かさずに行いましょう。

生活習慣も見直して改善を

生活習慣の改善も必要であり、規則正しい生活は新陳代謝を促進して皮膚の代謝やターンオーバーをよくして、明るい皮膚への生まれ変わりをサポートします。新陳代謝を正常に働かせるためにビタミンCやビタミンを多く含んだ栄養バランスの取れた食事をして十分に運動をしたり睡眠を取ったりしてストレスを貯めない生活をするよう心がけましょう

 

以上のように正しいケアをしていくことで第に元に皮膚の色へと戻りやすくなりますが、やはり時間がかかることがネックになり、現実的にいきなり上記のような規則正しい生活をすることは仕事上からも容易ではない場合も多々あると思います。

専用の美白クリームを使用することも

そのようなことから短期間で改善したい場合には、専用の美白クリームを使用するという選択もあります。ハイドロキノン配合のクリームは安い市販商品も販売されていますし、皮膚科などで濃度の濃い医薬品を処方してもらうこともできますが5%以上の濃度では白斑やガンを引き起こす可能性があるとも言われています。
強い成分であるだけに、取り扱いには注意をする必要があり、皮膚の弱い人は副作用として赤みや炎症を起こすこともあるためであり、あそこに使用するのであればなおさらです。市販クリームでも皮膚科処方のクリームであっても、念の為に最初は肌でパッチテストを行うようにしましょう。
肌に問題がないようであればハイドロキノン配合量(目安として2%〜3%)を確認し、毎日決められた量を守り、あそこも含めた清潔な肌に塗布をして、肌のスキンケアに役立てることです。特徴として酸化をしやすいため、開封をしたら1ヶ月程で使い切る必要もあります。

専門の美白治療を受けることも

あるいは、何をやっても効果がない場合には特に美容外科や美容クリニックで黒ずみを除去する美白治療を受けることもおすすめします。美容クリニックを利用して、デリケートゾーンの黒ずみを除去する、美容医療治療を受けることも可能です。疾患ではなく美容を向上する目的であるため、費用が高いことは否めません。
方法としては手術で黒い部分を取り去るなど、若干恐いと受け止めるような方法もありますが、レーザートーニングと呼ばれる治療で頑固な黒ずみを破壊することで解消していく方法もあります。何度も通わないとならないので、面倒と感じることもあるでしょうが、毎回の緩やかな照射で、さほど痛みも感じることなく、安全な方法で着実に色素を薄くできる方法です。
セルフでのホワイトニング化粧品を使うスキンケアと比べてみると、美容医療機器を使う方法は比べ物にならないほど効率的ですし、高額で通院が面倒な分効果は高い方法と言えます。もちろんデリケートゾーンに対する医療行為なので、実績と信頼のある医師のいるところを選ばないとトラブルに合う可能性が高くなるため気をつけなければならないということはいうまでもありません。

番外1:ヨーグルトパック???

番外編としておすすめしない改善方法その1を挙げます(笑)。市販のプレーンヨーグルトをあそこに塗ると黒ずみの改善に効くと言われていますが、個人的にはおすすめしません。理由は簡単で、食べ物ですし、間違いなく気持ち悪いからです。
確かにヨーグルト自体の成分は皮膚や表面に有害な成分は含まれてなく、ヨーグルトの上澄みに含まれるフルーツ酸は古い角質を取り除くピーリング効果があるとか乳清(ホエイ)には美白効果があることが分かっています。しかし、安いからと言って生食用のプレーンヨーグルトを塗ってから下着を履いて服を着て生活する方がよっぽど不衛生ですし分量や個人の体質差によって効き目もバラバラになりそうなので、わざわざ面倒で気持ち悪い思いまでして試す価値はないと言えます。
これらの効能を持つ食べ物は他にもあるはずですし。どうしても気になるのであれば、ヨーグルト成分入りの美白クリームを試せばOKかと思いますが、私だったら違う美白クリームをおすすめします。

番外2:ノーパン???

さらにその2を挙げます。あそこが黒くなる原因が下着やショーツなら、それをつけなければいい、すなわち、ノーパンで過ごせばいいという記事内容がありましたが、こちらも当然おすすめできません。こちらも理由は簡単で、ぶっちゃけ「変態行為」だからです。
おそらく人間として、ヒトとしての誇りやら何かやらを失う可能性が大いにあるので、やめた方がいいかと思います。万が一にも他人や知人に見られた場合は、事情を知っているならとにかくも相手に当たえる負の印象やイメージは予想以上に大きいと知る必要あります。そもそも下着やショーツは意味もなくある分けではなく、それ自体が外からの菌や埃や汚れからあそこを守るために、また、あそこからのおりものや出血等が外へ飛散するのを防ぐために存在するので、いらない物として扱うこと自体が間違っています。
自宅で一人でいる時だけならノーパンで過ごすのも案外悪くないかもしれないですが、そのような時間など日常生活ではほんのわずかですし、それだけではあそこの黒ずみを防ぐのには意味がないとしか思えません。

あそこの黒ずみケアに効果的でおすすめなのが、イビサクリーム!!

色々と撮影してみました。背景と光で印象ってこんなに変わるんですね。

(*^o^*)

 

それでもまず自分で手頃な料金で安心して気持ちの抵抗なくケアしたいと思う方であれば、これから紹介するイビサクリームが最短で簡単に改善ケアする必須愛用アイテムの代表になります。
ブラジリアンワックス脱毛の専用サロン「IBIZA WAX」のエステティシャンは、毎日多くの女性のVIO脱毛を行う中、デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性が少なくないことに気付きました。黒ずみは、肌に負担をかけるムダ毛処理、下着などの摩擦、ホルモンバランスの乱れなどが原因で起こると考えられています。特に、ワックス脱毛を受けると、素肌があらわになるため、黒ずみが目立ちやすくなります。
イビサクリームは、数多くの女性の悩みを聞いてきたIBIZA WAXの現場の声から生まれたデリケートゾーン専用の美白クリームです。何度も試作を重ねながら、日本人の肌に合うように作られたこだわりの商品です。イビサクリームには、2種類の薬用有効成分の他、植物由来成分と保湿成分が豊富に含まれ、自宅で簡単に美白ケアができます。

 

イビサクリームに配合される「トラネキサム酸」がポイントとなる『美白成分』なのです。イビサクリームは、デリケートゾーンケアの専門チームが開発した薬用美白クリームで、口コミで人気が広まっています。イビサクリームの人気の秘密は、その配合成分にあります。
美白有効成分として配合されているトラネキサム酸は、メラニンの生成を抑え、透明感のある肌に整えます。そして、もう一つの有効成分であるグリチルリチン酸2Kが、肌荒れを防ぎます。

また、サクラ葉抽出液カモミラエキスダイズエキスオウゴンエキス4種類の植物成分が肌のターンオーバーを高めながら整えて促進し、美白ケアをサポートします。さらにヒアルロン酸ナトリウムローズ水シロキクラゲ多糖体乳酸ナトリウム・BG1,2ペンタンジオールグリセリン・1,2へキサンジオール8種類の保湿成分も配合されており、潤いが不足しがちなデリケートゾーンをしっかりと浸透保湿し、水分と油分のバランスの整った状態に導きます。

 

加えて、無添加の高品質なので「あそこ」にこそ安心して使用できます。デリケートゾーンの皮膚は薄く、とても敏感です。そのため、イビサクリームは女性が安心して使うことができるよう、低刺激処方で作られています。赤ちゃんが使うことができるほど、肌に優しいため、敏感肌の人にも選ばれています。
添加物は肌トラブルの原因となるリスクがありますが、イビサクリームには、合成香料・合成着色料・鉱物油・アルコール・パラベンの添加物は一切使われておらず、刺激フリーです。また、衛生管理が徹底した日本国内の工場で製造された国産品であるので、検品検査もひとつひとつ慎重に行うなど、優れた品質と高い安全性を提供しています。
肌に優しいため、デリケートゾーンだけではなく、乳首やワキ(脇)、ひざ(膝)、ひじ(肘)、くるぶし(踝)など全身の気になる至るところにも対応して使うことができるのもイビサクリームの特徴です。

 

きちんと御礼のお手紙がついてきました。

(*^-^*)

 

簡単な使用方法も付いてきますので、使い方で迷うことはありませんね。

(*≧∇≦*)

イビサクリームは効果以外の面でもきっちりケア!!

イビサクリームは効果以外のところにも隅々まで配慮されています。イビサクリームは、化粧品をはじめとする一般的なコスメ商品を思わせるような、おしゃれなデザインで、ご家族や、彼氏に見られたとしても、デリケートゾーン用の商品だとはバレにくい工夫がされています。

パッケージのチューブも、約150mm x 40mm x 24mmというコンパクトサイズで、ちょっとした外出や、旅行の際も、鞄やバッグの片隅で邪魔にならず、持ち運びがしやすくなっています。また、お届けの際は、宅配業者のドライバーさえも、中身が分からないように梱包して届けられるので、受け取り時に、恥ずかしい思いをすることもありません。
以上のような、効果以外のところにも、隅々まで配慮がされているのも、イビサクリームの人気の秘密です。

 

集中ケアコースで短期間でのあそこの黒ずみの改善がお得に実現できます。そんなイビサクリームを購入するには、31日間隔で自動的に商品が届けられる「集中ケアコース」がおすすめです。
イビサクリーム1本が、通常価格7000円のところ、初回お届け分が4470円2回目以降も4980円と、大変お得な価格となっている上に、さらに以下のような7大特典が付いてきます。

・特典1は全国送料無料
・特典2はコンビニ払いをした場合の手数料無料
・特典3は定期割引30%オフ
・特典4は後述する28日間全額返金保障
・特典5は3回目以降お届け周期変更可能
・特典6は3ヶ月目以降10%オフ
・特典7は小冊子の「黒ずみケア5つのコツ」のプレゼント

と、豪華な特典です。これらの充実した特典と共に、短期間に集中してケアすることで、あそこの黒ずみの改善がお得に実現できます

 

さらに、全額返金保障付だから効果があるのか不安に思う方にもイビサクリームは試しやすいのです。イビサクリームの集中ケアコースでは、7大特典のひとつとして、初めての方限定で「28日間全額返金保障」が付いてきます。
イビサクリームは、長年の研究結果により、その効果と安全性が確認されていますが、ごく稀とは言え、自身の体質に合わない、効果が実感できなかったというケースがあります。そんな時のために、商品注文後28日間以内であれば、お買い上げ明細書と商品の容器を返送することで、初回分に限り、代金が全額返金されるというシステムです。利用者の不安を少しでも抑えるために制定された制度で、初めてこのような商品を試す方や、お肌や体質に不安がある方であっても、チャレンジしやすいと高評価なのが、イビサクリームの魅力のひとつです。

 

ちゃんと中身が分りづらい包装についてのお手紙も付いてきてますね。

(-^〇^-)

 

返金の具体的な流れについての解説も付いてきますので、きちんと確認しましょう。

(*´∀`*)ノ

 

イビサクリームの特徴を総評的にまとめると

<<<1.効果面では>>>

  • 「トラネキサム酸」の美白成分と「グリチルリチン酸2K」の有効成分
  • 「サクラ葉抽出液」・「カモミラエキス」・「ダイズエキス」・「オウゴンエキス」の4種類の植物成分
  • 「ヒアルロン酸ナトリウム」・「ローズ水」・「シロキクラゲ多糖体」・「乳酸ナトリウム」・「BG」・「1,2ペンタンジオール」・「グリセリン」・「1,2へキサンジオール」の8種類の保湿成分
  • 無添加の優れた品質と高い安全性で肌に優しく安心して使用できる

 

<<<2.使用面では>>>

  • おしゃれなデザインでデリケートゾーン用の商品とバレにくい
  • パッケージのチューブもコンパクトサイズで持ち運びやすい
  • 中身が分からないように梱包されるためお届け時にも恥ずかしくない

 

<<<3.料金面では>>>

  • 集中ケアコースで色々な特典が付いて割引となってお得
  • 初めての方28日間全額返金保障が付いて肌や効果に不安がある方でも安心

 

となり、様々な面から長く使用してもらうための配慮がなされていることが分かります。もちろん、このイビサクリームされつければ良い訳ではなく、上記に挙げた「体の外側からの刺激を与えない」工夫「体の内側からの影響を極力失くす」努力も同時に行うことで短期面と長期面の両方からケアを行い、最終的にはイビサクリームをつけなくても黒ずみを予防して黒くないきれいなあそこを維持できる状態にすることが理想であり、そのためのケア方法の一つとしてイビサクリームをおすすめします。

 

薬用イビサクリームの公式ページによる詳細はこちら

 

ついでにあそこの匂いもケアしちゃおう!!

あそこが黒いのと同じくらいショックを受けることに「あそこが臭い」ことが挙げられます。あそこが黒いことをコンプレックスに感じている女性は多いかもしれませんが、実はあそこの香りが臭いことに悩んでいる女性も同じくらい多いです。

匂いや香りがきついと彼氏や好きな人に引かれないか心配になることもあるかもしれませんが、匂いに関してはいくら頑張って隠そうと思っても、中々うまく隠せないものです。特に生理中などはいつも以上に気になる場合が多いのではないでしょうか。
恋人とHをする時でも、相手に臭いと思われたらどうしようと考え始めたらせっかくの好意も楽しめませんし、男性側からしてみても、女性が臭うことは精神的にもかなりのショックです。そのため、色だけを気にするのではなく、臭いについてもきっちりとケアすることが大切です。

 

匂いの原因を調べると、菌と汗でした。もちろんあそこの臭いの原因として他にもさまざまなことが考えられますが、一番に多い理由が汗をかくことによるものです。
女性のあそこは基本的に蒸れやすくなっているため、夏の暑い日のみならず、冬の寒い日でも知らず知らずの内にたくさんの汗をかいてしまっていることが多いです。そしてそれをそのまま放置しておくことであそこに菌が繁殖するため、結果として臭いの原因となってしまいます。
さらにおりものが多い時や生理中の時などにこまめにナプキンや下着を替えず、不潔な状態にしておくことで、下着の中の菌が繁殖しやすい環境になります。そうなるとあそこが臭うだけでなく、かゆみやかぶれなどの肌トラブルに繋がる可能性もあるため、注意が必要です。

 

男性の中には、あそこが「黒い」よりも「臭い」方が我慢できない方も数多くいます。女性のあそこの色よりも匂いのほうを気にするという男性は年齢を問わずたくさんいます。その割合は定かではありませんが、あまりにあそこが臭う場合は、色よりも匂いを先に解決したほうが良いかもしれません。
改善方法としては下着をこまめに替えて蒸れないようにしたり、清潔にしたりすることが挙げられますが、デリケートゾーン専用の石鹸などを使用することも効果的です。こういった石鹸を日常的に使用して常にあそこを清潔に保つことによって気になる臭いが改善され、いざという時に男性に引かれる心配もなくなります。
あそこの臭いの問題はデリケートな問題のため、人に相談したりすることが難しいかもしれませんが、だからこそ自分で行える対策から取り組んでみることが大切です。